×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



バニラは2005年4月16日、埼玉県生まれの女の子。
ミルキーと同じく、お父さんはチンチラシルバー。お母さんはチンチラゴールデンです。
お父さんの名前はしろ君。お母さんの名前はなみちゃん。

ペットタイプの、顔の小さい、華奢でいつまでも子猫のような可愛い子です。
鳴き声も小さく、発情中でも、あまり大きい声は出しません。
一番大きい声で鳴くのは、シャンプーの時です(^.^;
そんな嫌いなシャンプーの時でさえ、私の手にひっかき傷の一つも作った事はない、人間に威嚇・攻撃等
まったくしない子です♪

バニラが家にやってきたのは、2005年6月13日(月)。あと3日で2ヶ月と言う時でした。
ミルキーより3ヶ月遅れで、私達の家族になりました。
ミルキー同様、名前は決めていました。名づけ親は子供です。

ミルキー一人では、私達も出かける時等、気になって仕方ありません。
遊びもあまりしないミルキー。是非パートナーを迎えたいと思いました。
特に子供が強く望み、お年玉から費用は出すからと言う事で、縁あってバニラを迎える事となりました。

多頭飼いの場合、新しく迎える子は子猫で、先住猫が男の子なら女の子、女の子なら男の子。
このパターンが比較的うまく行くようです。
二人の子供が見たいと言う気持はありましたが、この時はまだ迷っていました。



電車でお迎え

バニラのママ
バニラのパパ
立派なチンチラのパパとママ。優しい飼い主さん。バニラは 良い環境でのびのびと、幸せに育っていました。
そして、今回は彼が仕事の為来られず、電車でのお迎えとなりました。
バニラが家にやって来た日、ミルキーとの出会いについては「ミルキーとバニラの出会い」のページをご覧ください。


バニラは触られるのがあまり好きではありませんでした。
でも、抱っこしてブラッシングして、途中で逃げようとする時に「まだよ」「だめよ」と言うとちゃんと我慢してくれます。
「終わったよ。もういいよ。」って言うと、一目散に逃げ出しますが(T_T)
来た当事はまだまだ2ヶ月のベビー。
起きてる間中元気に動き回って、止まる事を知らないんじゃないかって言う位、元気な子でした。
遊びだけど、どう考えても大きさ違うし勝てるはずないミルキー相手に、挑んで行きます。
二人の追いかけっこ、面白かったなぁ(^^)



動画:何見てんのよ!
クリック→


動画:バニラのおもちゃ?
クリック→



キュートな寝姿。ぬいぐるみみたいでしょ?(*^.^*)

来た頃の大きさの違い
6月
机の上からチップスの空き袋落として、それに入ろうとしてます。

6月
ミルキーはダンボールでも何でも、警戒モードだけれど、バニラは何でも興味しんしん。ちょっと穴開けて遊ばせてあげました。

7月
袋や箱を見ると入りたくなるらしい.....(^_^;)
12月
狭い家でのスペース活用法、自作2段ベッド
って一緒に入ってるし(^_^;)
6月
お気に入りのスリッパ
2006年2月
リボンが似合うバニラ(*^.^*)